不審な出来事がありましたらお気軽にご相談下さい。盗聴調査・盗聴発見は諏訪市の【盗聴ディスカバリー 諏訪店】へ! | ご依頼の流れ

ご依頼の流れ

調査の流れ(個人の場合)

調査の流れ(個人の場合)

盗聴機に関する不安はもちろん、このようなケースは法的に大丈夫なのか、勝手に除去しても大丈夫なのか。このような悩みがございましたら、是非当社までご連絡ください。
連絡後、周辺事情について出来るだけ詳しく尋ね、どのような目的で盗聴を行ったかの状況を洗い出し、調査方針を立てていきます。
※調査依頼は携帯電話でも受け付けております。

中には調査をしていること事態を知られたくないと言われる方もいらっしゃいます。
当社では調査員を派遣しますが、このような内密な話を考慮した上で依頼者と接触。そして交渉を行います。
この時、盗聴によって調査がバレる場合もございます。
極力公衆電話か携帯電話から調査員にご連絡ください。

盗聴器を見つけた場合の対処法

盗聴器を発見した場合、大きく分けて『すぐに撤去する』『犯人を突き止める』の2つが挙げられます。撤去そのものは専門の業者が介入しなければならないケースと、自力で撤去できるケースがあります。素人が簡単に設置できる電源タップに模した盗聴器であれば、単に電源から引き抜けば良いだけです。(電話線や電話機に埋め込むタイプは除去業者に依頼しましょう)

そして、盗み聞かれた以上は犯人を突き止めたいという怒りをかかえることもあるでしょう。
特に仕事柄で重要な事案を家の中で話した場合、思わぬ被害が出る恐れもあります。賠償問題に持って行くことも可能です。これらを含め探偵社に依頼したり、警察に被害届を提出するなどの措置を行い、並行して犯人捜しを行っていくのです。

また、犯人が元夫などの目星が付いている場合『あえて残す』と言う選択肢もあります。
自分には一切やましいことがないので残しておく。そのような考えもまた一つです。

調査の流れ(企業の場合)

調査の流れ(企業の場合)

企業に盗聴を仕掛ける場合、目的が明確な分手口も巧妙です。十中八九、一目でバレるような盗聴を行うことはないでしょう。
企業の盗聴で得られる情報は多大なもので、産業スパイやインサイダーはもちろん脅迫の材料にまでなりかねません。とにかく『情報が換金できる』と考えて頂ければ良いでしょう。企業側にとっても情報漏洩が命取りであることは言うまでもありません。
しかし、多くの企業が『うちは大丈夫』で済ませていることが大半です。企業コンプライアンスが叫ばれている現代だからこそ、盗聴などの反社会的行為に対して厳しい目で対応しなければならないのです。

盗聴に関して気になる点がございましたら、まず当社までご連絡ください。法的に大丈夫か気になる等の点についてもお答えいたします。
ご連絡後、周辺事情について内部規定に反しない程度に詳しくおたずねします。その上でどのような盗聴が行われているかを割り出し、今後の方針を制定いたします。
※連絡は携帯電話からも受け付けています。

状況によっては調査員が企業様方まで向かい、相談を行います。
知られたくない、あるいは盗聴が気になるという方はご相談ください。近くの喫茶店などで交渉を行うなどの配慮に努めます。また、連絡の際は極力公衆電話や携帯電話よりご連絡ください。

また、当社は盗聴に対するアフターフォローも行っております。
新商品の開発を初めとした企業秘の事案や社内での関係など、相手の情報調査に関するカウンターは必須と言えます。これは個人のプライバシーを盗聴する愉快犯とは異なり、明確な目的や実害が伴います。
当社ではアフターフォローとして、定期的な調査や盗聴に対するアドバイスも行っております。是非ご活用ください。

盗聴器を見つけた場合の対処法
タップ式の盗聴機であれば引き抜いても構いません。しかし、企業の場合埋め込み式やオンライン式と言った、一目で見分けが付かない盗聴機を用いられているケースが大半です。
当社では盗聴機の発見と撤去までしか請け負っていません。したがって電話や回線の分解、ならびに盗聴機の取り外しに関しては最寄りの電力会社、もしくはNTTにまでご相談ください。

TEL:0266-55-1559 / 0120-944-442 / メールでのお問い合わせ

Information

盗聴ディスカバリー 諏訪店

盗聴ディスカバリー 諏訪店
〒392-0001
長野県諏訪市大和3-19-19
誰かに見られている、情報が漏れている…そんなお悩みをお持ちでは無いですか?【盗聴ディスカバリー 諏訪店】では盗聴調査、盗聴発見のご依頼を承っております。お気軽にご相談下さい。
  • tel:0266-55-1559
  • 9:00~17:00 時間外 応相談
  • メールでお問い合わせ

PAGE TOP